• ホーム
  • 禁煙外来で受けられる治療内容

禁煙外来で受けられる治療内容

灰皿の中にあるタバコのフィルター

現在、テレビCMで放送されるなどして禁煙外来が注目を浴びていますが、一定の条件を満たせば、健康保険が適用されて金銭的な負担も少なく、12週間で5回の診察を受けるだけでよいという流れになっています。
禁煙外来で受けられる治療内容としては、初回の診察で、まずニコチン依存症であるかどうかのチェックが行われるのですが、これは、保険診療を受けるためにはニコチン依存症であると診断される必要があるからです。

次に、呼気中の有害物質を確認するために一酸化炭素濃度の測定した後、禁煙開始日を決めて禁煙宣言をします。
そして、医師から禁煙によるイライラやストレスへの対処法のアドバイスをもらい、禁煙補助剤の説明を受けて自分に合ったものを選びます。

2回目の診察では、初回と同様に一酸化炭素濃度の測定をし、禁煙補助剤が合っているかどうかの確認、禁煙のアドバイスなどを受けます。
3回目と4回目の診察は、2回目の診察内容とほぼ同じですが、回を追うととに咳や痰が減る・息切れしなくなるなど禁煙の様々な効果を実感し、禁煙をしていることに慣れ始めます。
最後である5回目の診察を受ける時には、3ヶ月の禁煙を達成していることになり、医師が禁煙をこの先も続けていくための相談に乗ってくれます。