• ホーム
  • 喫煙による部屋の汚れと薬物依存、禁煙外来で治療

喫煙による部屋の汚れと薬物依存、禁煙外来で治療

部屋の中で喫煙をすることで、煙に含まれるタールなどが壁に付着すると、壁紙が茶色く汚れるなど、喫煙者の部屋は汚れが目立つのが特徴です。
また、部屋がそれだけ汚れると言う事は、人間の肺の中にも汚れが出ると言う意味でもあります。
喫煙者だけがこのような状態になるのではなく、部屋の中で一緒に生活をする家族なども受動喫煙と言う事になり、肺ガンなどのリスクを生じさせてしまうとも言われているのです。
受動喫煙と言う社会問題が在ることからも、禁煙をしなければならない場所も多くなっており、お店の多くは禁煙席と喫煙席がそれぞれ個別に設置されていたり、喫煙席などの場合は、個室のような空間の中で喫煙をする形になるわけです。
多くの喫煙者がその中で喫煙をするので一般的に考えれば、喫煙者も他の喫煙者が吐き出した煙を吸う事で受動喫煙と言うリスクが生じてしまいます。
しかし、室内には空気を浄化するための設備が設けられているため、それほどのリスクは無いと言います。

しかしながら、多くの人が一度に煙草を吸えば臭いは勿論の事、受動喫煙の心配も考えられることからも禁煙外来での禁煙治療を考える人も多いのです。
煙草と言うのはニコチン依存となる薬物依存が在るため、中々止める事が出来ないと言います。
ニコチンと言う薬物依存は、煙草を吸う事でニコチンが体内に入るので満足感を得られます。
薬物依存は薬物の効き目が切れる事で欲求が生じてしまい、再び薬物を得たいと言う欲求が高くなるわけです。
ニコチンの濃度が少なくなることで煙草を吸いたくなると言う薬物依存が在るため簡単に禁煙が出来ないのです。

禁煙外来ではこうしたニコチン依存を引き下げるための治療を行うのが特徴で、禁煙外来では禁煙補助剤を利用してニコチンの依存度を引き下げ、禁煙が出来るように治療をしてくれるのです。