• ホーム
  • 喫煙、飲酒が20歳からの理由

喫煙、飲酒が20歳からの理由

タバコ

喫煙、飲酒が20歳からの理由についてお話していきます。
日本では法律で決められていますけど、これはなぜかといいますとまずは煙草における体の害が問題になっています。
煙草というのは体が未発達なほど健康への害が強くなってしまいます。
ですので20歳で吸うのと18歳で吸うのとではあきらかに18歳で吸う方がリスクがあるのです。

特に煙草の有害成分は成長の邪魔をしてしまう可能性があります。
もし成長期の段階で煙草を吸っていたらうまく成長できなかったりして非常に困ってしまいます。
もし年齢制限をしなければ成長期で煙草を吸う人も必ず出てきます。
そういう人が増えてくると日本の将来にも影響してきますし、1つの社会問題にまで発達してしまう可能性があります。

また、年齢制限がないと早い人では中学校から吸ってしまいますが、煙草というのは吸う期間が長いほど将来の病気のリスクが上がってしまいます。
つまり若い時から吸う人が増えてしまいますとまだ30歳や40歳の時に癌などの病気になってしまう人が増えてしまうのです。
お酒も同じで、成長期の時から飲みすぎますと体への負担が大きくなります。
以上のような理由で20歳からになっているのです。