• ホーム
  • なぜお酒を飲むとタバコを吸いたくなるのか

なぜお酒を飲むとタバコを吸いたくなるのか

お酒を飲んでいる男性

なぜお酒を飲むとタバコを吸いたくなるのか、お酒とタバコの関係について説明します。
お酒とタバコの関係は最悪というのは一般的にも広く知られるところです。
タバコを吸う喫煙者の方ならお分かりかと思いますが、お酒を飲むとタバコの量が増え、次の日の二日酔いの気持ち悪さも倍増するほどの悪循環です。
タバコは昔から「百害あって一利なし」とよく言われます。

まず、タバコは肝臓がアルコールを分解するのに必要なビタミンCを破壊します。
タバコ一本で相当量のビタミンCが破壊され、肝臓の代謝機能を驚くほど低下させる原因となってしまいます。
さらに、タバコに含まれる「ニコチン」という中毒性のある物質によって、体内の血管が収縮され全身の血行が悪くなり、体内の臓器の働きを鈍らせてしまうことになります。
また、肝臓だけではなく胃にも負担をかけ、これが当日や翌日の吐き気の原因を倍増させる事となってしまいます。
とにかくこの「中毒」というのはやっかいなので、アルコールも「急性アルコール中毒」などがありますので特に避けたい症状です。

昨今の健康ブームで一番被害を受けているのがタバコですが、二日酔いを増幅させるだけでは無く、肌荒れ、口臭の悪化などはもちろん、症状がひどいと、高血圧症や糖尿病、更には胃がんや肺がんなどの大きな病気に発展していきます。
こうしたリスクを考えるとタバコは吸わないのが一番です。